医薬業界営業マン、おたまさんの日記

「健康に関してプロで在りたい」

ダイエット×食事=回復をさせよ

f:id:Otama3:20200423235149j:image

 

ダイエットに関するシリーズ

 

健康食品大好きな営業マンから食事(栄養)の観点から提案(^-^)

★誰でも出来る、ダイエットのコツ

 

食べたもの(栄養素)は

体を構築する材料になります

 

 

筋肉増強にプロテイン(タンパク質)、は当たり前の話なので

あまり深堀はしません

 

 

ダイエットを指導される先生から恥ずかしくも

直接指導された話の中には食事に由来するものが多くありました

 

 

【ダイエット×食事=回復をさせよ】

筋肉のためにも、疲労のためにも大事なんです

 

 

先日の記事にて、「ダイエットするなら周りに宣言して下さい」

そのような内容を書きました

 

otama3.hatenablog.com

 

運動を継続する工夫として

身体のメンテナンスを上手にすることが大切になります

 

 

【タンパク質だけに固執してはダメ】 

 

 

運動を始めたばかりの事、疲れやすいですよね

回復が追い付かず筋肉の組織が痛んでいる状態であるからです

 

 

(痛んでいるのであれば早く治そう)と考えるのは当然です

筋肉=タンパク質

意識をした食事ではタンパク質の比率は必然的に高まってきます

良質な筋肉を作るためには必要なことですが…

 

 

※バランスが偏ると効率が悪くなります

 

f:id:Otama3:20200423235403j:image

例えば

・お米やパンなど炭水化物を抜く

・お肉だけの食事

など、偏りが大きくなると内臓への負担が大きくなったり、

疲労の回復が円滑に行われなくなってしまいます

ちなみに私は食事制限は一切せずでした(`・ω・´)

 

 

かなり要約しますが、

食べ物は消化により一旦バラバラの状態にされ、

体の中で再度組み立てられます

 

  

この働きは体の中にある目に見えない小さなマシーン、

酵素”(こうそ)によって行われています

 

 

この酵素、先ほどの筋肉(タンパク質)を組みたてるときにも大いに活躍します

また、疲れの原因物質を体から取り除いてくれる働きもしています

 

f:id:Otama3:20200423235413j:image

 

沢山の種類・働きがある酵素ですが、

構成する部品には5大栄養素の中のビタミン・ミネラルが使われています

これが不足すると筋肉増強、疲労回復がうまくいかなくなります

 

 

つまり、筋肉をつけようとして大きく偏った食事をしてしまうと

使いたい栄養の過不足が生じてしまうことがあるんですね

 

 

他にも腸の中の状態の良し悪しなど関わってくるのですが、

ビタミンやミネラルの補給を意識することで

疲労の回復を円滑にすることにつながります

疲れを残さないことが運動の継続に欠かせないですね(^-^)

 

 

学生の頃にはちみつにつけたレモンを食べたこと、ありませんか?

当時は分からなくても、疲労回復につながることをしていたんですね

言いたいことに戻りますが

ダイエットの食事は体の回復につながるようにすべし、です 

 

 

 

 

 

 

ということで次は

【ダイエット×代謝=スピード感を上げよ】に続きます♪